サイトを検索

就活(就職活動) これは押さえておきたい ポイント4 

就職の内定辞退の方法とは・・?


企業からの内定が欲しくて就職活動はするものですが、内定は一つでよく、場合によっては辞退連絡が必要です。

数社を並行して面接をしていると、同時に何社かから内定が得られることがあります。

しかし就職できるのは一つの会社だけなので、他の内定は辞退しなければなりません。

どこの会社を就職先として選択し、どこを辞退するかはよく考えなければなりません。

よく考えた上で、自分はどの職場で働きたいかを決めることが、今後の将来の行方を左右します。

望まない仕事につくと、継続して働くことがどんどん苦痛になってきて、結局やめざるをえなくなったりします。

就職活動をうまくいくようにするには、自分に合う仕事に従事できるようにすることです。

内定をいくつかもらってしまってから、辞退しなければならなくなった時には、どういう行動が適切でしょうか?





内定を辞退するには、電話でする方法の他にもメールで断ることも出来ますが、出来るだけ電話で伝えるようにした方が誠意が伝わります。

仮に内定を辞退したい電話をかける場合は、辞退する理由を進んで話すことはありません。

もしも企業サイドから問われたら、差し障りのない範囲で丁寧に答えましょう。

後日、内定辞退のお詫び状を送付することが、一般的なマナーです。

内定を辞退するに際してのお詫び状は、簡潔な内容で構わないので、電話をしてから早めに送付するようにしましょう。

就職説明会の種類と参加時の注意点について






就職活動の一環として、就職説明会に行く場合は、実際は一次面接を受けるような感覚で行くように心がけましょう。

就職説明会と一口に言っても、どういった段取りで行われるかはその時によって違います。

大きくわけて2つの種類があり、単独の企業が開催する場合と複数の企業が集まって合同で開催する場合があります。

あらかじめの準備が当日になって力を発揮することは、どちらの就職説明会でも同じです。

単独で開催される就職説明会の場合は、大手企業や人気企業によく見られるパターンです。

大勢の人が就職したいと思っている人気企業はたびたび就職説明会を行いますが、予約がなければ入れないこともあります。

就職説明会のうち、単独で開催されるような企業に行くと、抜き打ちテストを受けざるをえなくなったりします。

会の名前は間違いなく説明会になっていたのに、面接や、筆記試験が始まってしまうということがあります。





第一志望の会社が単独説明会を開くのであれば、必ず参加したいところです。

合同説明会に参加することで、求人を出している何社もの企業の話を聞く機会を得ることができます。

人気の企業が多数参加する就職説明会では、混雑が予想されるので優先順位やタイムテーブルなどには気をつけましょう。

大抵の就職説明会では、服装に関する決まりはないですが、就職活動はスーツを着用して行うことがスタンダードになっています。

就職試験での一般常識問題について





多くの企業では、就職試験の第一次選考として、一般常識の筆記試験を行うことがあります。

一般常識試験は、非常に幅広い分野から出題されるので、いざ就職活動をはじめる時期を迎えてから何らかの準備をしようとしても間に合いません。

事前に対策を立ててから就職活動をしようとしても、範囲が広すぎてなかなか終わらず、無駄な手間になってしまいます。

就職活動を成功させるために一般常識問題の勉強を進めておきたいという場合は、できるだけ早く取り組んでおくといいでしょう。

企業が就職試験を行う時に出す問題は、そう難易度が高くはありません。ぼんやりと知っている程度でも、問題の解答が可能です。

色々なジャンルの話を聞いてきますが、詳しく知っている必要はないという利点もあります。

難しい問題が出題されないと聞けばほっとする人も多いですが、とにかく広範囲であることが一般常識試験のネックです。

決して難しく考える必要はありませんが、対策のための時間はしっかり確保しておいた方が無難です。





どんな問題が出るのか、過去問を解いたり、経験者の話を聞くなどして、情報を集めましょう。

時事問題や、社会情勢なども問題に組み込まれますので、新聞を読む習慣などがテスト勉強がわりになります。

就職活動用の参考書の中には、一般常識や、世相を反映した問題についてを問題形式で出版しているものもあります。

普段から、テレビや新聞をチェックして、世の中の動きに興味を持つようにしていると、就職活動の時事問題にも対応できるようになります。

就職試験での一般常識問題の対策






一般常識を出題する企業は、就職試験では珍しくありません。

どんな勉強で、一般常識への理解が深められるでしょう。

一足飛びに効果が現れる手段ではないですが、中学、高校時代の教科書をもう一度引っぱり出して、勉強をし直しておくことが一般常識問題では有効といえます。

就職試験で出される一般常識の厄介なところは、出題範囲がとても広いことです。

一夜漬け勉強で問題にヒットすることは、まずないといっていいでしょう。

一般常識問題は、さほど解きにくい問題が出てくることはありません。

大学を入学する時に受けた問題と比較すれば、格段に楽なものになっているでしょう。

一般常識問題として出題される就職試験の問題は、高校生レベルにも及ばず、中学生でも解けるくらいのものでしかないようです。

その強化が得意でなかった人でも、このくらいなら解けるだろうというレベルが一般常識であり、中学レベルの学力があれば支障はありません。

好きな教科なら、あまり事前の準備に時間を割かずとも、就職試験では一般常識試験を受けることが可能です。






対策せずに、いきなり一般常識試験を受けてもそれなりに解ける人も多いですが、それでは不安だという人は、試験問題集に目を通してみるといいでしょう。

一般常識の問題集を事前に解いておくことで、中学や高校時代の知識を思い出すきっかけにもなりますし、苦手分野がどこにあるかを確認することができます。

一般常識の対策をどのくらいしておくべきかを実感するためにも、就職試験対策用の一般常識問題集を軽くでも読んでみるといいでしょう。


コメント

ブログランキング

↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

おすすめ情報