サイトを検索

キャッシュレス決済にはクレジットカードは必須 使うカードを選ぶには・・?

クレジットカードの決め手は還元率の高さ


財布の中にキャッシュがなくても、クレジットカードがあれば決済ができますので、とても便利です。

クレジットカードを持つことは一般的になりつつあり、最近では一人で数種類のクレジットカードを使う人もいます。

従来は、高額なショッピングを行うデパートや家電量販店などで利用されるケースがほとんどでした。

しかし、近年では、日用品の買い物や、コンビニでのショッピングでも、クレジットカードが使われています。

多くの人がクレジットカードを使うようになって、買い物に小銭を数える必要がなくなり、現金を持ち歩かずともよくなったことは大きな利点です。





クレジットカードは、利用金額に応じたポイントを貯めておくことで、お得なサービスが利用できます。

クレジットカードを使って買い物をすると、決済金額のおおよそ0.5%程度のポイントが入るという仕組みになっています。

クレジットカードの発行会社によっては、1~2%という高還元率でポイントを出しているところもあります。

こうした高い還元率のクレジットカードは年会費が有料となるものが多くありますので、利用する額によってはメリットが無くなってしまいます。

年会費が必要なクレジットカードの中には、利用額に応じて年会費が無料になるものもあります。

クレジットカードをよく使う人は、年会費分の負担があっても、ポイントカードを積極的に使うカードの使い方をしていたほうがいいでしょう。

自分が1年でクレジットカードを使う金額はどのくらいの金額なのかで、年会費を支払ったほうがお得かどうかがわかります。

クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント






お金を持たずにショッピングに行っても、クレジットカードを使えば、欲しいものが買えます。

ショッピングの利便性だけでなく、クレジットカードに付いているポイント還元のサービスは、見逃せない重要なポイントです。

自治体によっては、水道光熱費の支払いにクレジットカードが使えたり、家賃の支払いがクレジットカードでできるところもあります。

保険料や住んでいる場所によっては自治体に支払う税金もクレジットカード払いが出来ることもあるようです。

クレジットカードの利点は色々とありますが、ポイントサービスもその中の一つといえます。

ポイントの還元率はクレジットカード会社によって異なりますが、カード利用額の1%を越えるようなカードも存在しています。





クレジットカードのポイント還元率は高いほうがお得のように見えますが、1.5%以上の還元率になると年会費が必要になりがちです。

還元率が1%で年会費が無料のクレジットカードもあれば、1.5%で1500円の年会費が必要になるものもあります。

もしも年会費15,000円で、年会費相当分のポイントを貯めたいと思うなら、1.5%の還元率で30万円の買い物をしなければなりません。

ショッピングや家庭の固定費の支払を年間いくらになるのか計算してみて、30万円以上になるかどうかが比較のポイントです。

もしも、1年で使うクレジットカードの決済額が30万円を軽くオーバーするのなら、還元率1.5%のクレジットカードがお得です。

月ごとの限度額までクレジットカードを使う予定はあるのか、その場合にポイントはどのくらい貯められるか等を検討してください。

クレジットカードのポイントによる還元率について






クレジットカードのポイントサービスとは、カードの利用額に応じてポイントがもらえるというものです。

還元率は0.5%程度に設定されているところが多く、買い物額に応じて付与ポイントはふえます。

5万円の決済をクレジットカードで行えば、還元率0.5%で考えると250円のポイントがもらえるわけです。

クレジットカードをよく使う人にしてみれば、少しでも高い還元率のクレジットカードを使いたいと思うものです。

この頃は、クレジットカードのポイント還元率が1%より多いという、とてもお得なカードも登場しています。

還元率0.5%と、還元率1%以上との差は大きいですから、注目する人がたくさんいることもわかります。

ポイントをたくさん貯めるためには、クレジットカードをよく使うことと、還元率の高いカードにすることです。

クレジットカードのポイント付与サービスを上手に活用するためには、できるだけ還元率の高いクレジットカードを選ぶことです。






その年にクレジットカードを使って買い物をした額の合計が100万円あれば、還元率1.5%なら15000円もポイントがもらえます。

還元率の高くないクレジットカードと比較すると、ポイントの入り方が全く違うことがわかるでしょう。

同じポイントサービスでも、還元率に差があれば、サービスの使い勝手は違いますので、カード選びの際はよく検討しましょう。

クレジットカードの利用条件は様々な要素がありますが、その中でもポイント還元率が何%なのかは、カード選びの鍵を握ります。


コメント

ブログランキング

↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

おすすめ情報