サイトを検索

お金を借りるには・・? 審査は何をしているのか? 何を見ているの?

融資時に行われる審査の条件や方法について


キャッシングの申込みをする前に、審査の内容や、注意しておくべき点を把握しておくといいでしょう。

最近、キャッシングを活用している人が多い背景には、申し込んだらすぐにでもお金を貸してくれる手軽さがあります。

返済能力があるか確認するため、キャッシング会社は始めての顧客に対しては必ず審査を行って、融資額を決めています。

キャッシング会社には、消費者金融系や、銀行系、信販系などいくつかの系列がありますが、その系列によって審査の傾向が変わってきます。

キャッシング会社の中には、専業主婦や、学生に対しても融資をしているところがあります。

正社員として働いていないような主婦でも、アルバイトなどて安定した収入があれば審査はクリアしやすいようです。





また、自分自身は仕事をしていない専業主婦でも、安定した収入がある配偶者の同意があれば、融資が受けられます。

銀行系キャッシングは、貸付条件が良いことが魅力です。

大口の融資を、低金利で利用することができますが、そこに至るまでには時間のかかる審査や、難しめの基準をクリアする必要があります。

キャッシングの審査は、正社員として働いて収入が確保されているような人が落ちることは滅多にありません。

ただし、自営業で収入を得ている人は、月々の収入が安定しているとは言い難いため、銀行系ローンを受けたいと思っても断られがちです。

どんな会社に勤めているのか、勤め始めて何年目か、収入は無闇に変動せず一定値を維持しているかなどが、キャッシングの審査では重んじられるポイントです。

融資するべきかを見きわめるために、審査ではこれまでのキャッシング利用歴をチェックし、延滞や、返済不能に陥ったことがないかを確認します。

個人で事業融資を受ける時の審査基準について





基本的に、個人が事業資金を目的として銀行の融資を頼んでも、審査でOKが出にくいようです。

事業を起こす場合には、まとまった資金が必要になりますが、これらを全て個人的に準備するのはなかなか難しいものです。

個人で開業するための資金を用意するための方法として、銀行から融資をしてもらえれば、開業資金の問題はクリアする事が出来ます。

とはいえ、事業開始に際して必要な金額はかなりのものになります。

銀行に融資の希望を出しても、審査で断られることも珍しくありません。

銀行からの融資を受けやすい事例とは、社会的成功を収めた人の融資希望や、企業が施設拡大や新たな事業開始の資金を必要としている時です。

0からスタートするという人が、銀行から融資を受けたいと言っても、審査の段階で断られてしまうでしょう。

銀行融資を必要としている人に対して、銀行が融資を断るのは、どのような理由からでしょう。





まず最初に通常の融資の申込み時にも行われている一般的な審査項目である収入や職業、借入額などについて確認されます。

収入額でも例えば年収1000万円ある方でも、月によって収入に急激な増減がある場合には、審査をクリアする事が難しいと言われています。

高い年収を得ている人でも、月々の収入が安定していなければ、銀行の審査では高く評価されずに、融資は難しい相手だと判断されてしまうというわけです。

会社で重要な地位についていたり、安定性の高い仕事に従事している人は、収入が必ずしも高くなくても安定していて、評価の対象になっているようです。

銀行に個人で融資を受けるためには、収入以外にも、仕事で成功している実績や地位などが重視されます。

短時間で終了する無担保融資の審査とは?





無担保での融資を受ける際の審査は、多くの人が思っているよりも早い時間で終わります。

無担保で受けられる融資の代表格としては、フリーローンとも言われる消費者金融や銀行からのカードローンが挙げられます。

無担保で融資するということは、もしお金を借りている人が返済できなくなった時に、融資をしている金融機関側が、何も取り上げるものが無いということです。

金融機関側からしてみれば、融資した分は最低限、返済してもらわないと損をすることになります。

キャッシング会社は、リスクの高い融資を避けられるようにと、入念な審査を行います。

返済をきちんとしてもらえなさそうな人には、お金をそもそも貸しません。

実際のところ、こういった無担保の融資の場合は、リスクを回避するために金利はかなり高く設定されているのです。

年率が18%近くなっている融資も多く、他の金融商品と比べても高い傾向にありますが、審査にかかる時間自体は申し込んだその日のうちに結果が出来ることもあります。




申込みをしたその日に融資を受けられる即日キャッシングと言われる金融商品もあるくらいで、非常にスムーズに行なえるようになっています。

審査の項目としては、収入証明すら不要な場合もありますが、もちろん返済できるだけの能力は、審査の中で確かめられます。

いわゆる信用情報機関に問合せをして、クレジットカードなどの利用履歴、返済遅延や滞納などのトラブルがないかどうかについて確認されます。

データに蓄積した内容に基づいて、返済能力がどのくらいある人物かを見きわめます。

情報がデータ化され、審査は短縮化されつつあります。

審査時に確認をする項目としては、無担保融資ではより細かくなっており、過去に返済トラブルがあると融資限度額が極端に低く設定されることもあるので注意しましょう。


コメント

ブログランキング

↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

おすすめ情報