サイトを検索

働いていない主婦でも作れるクレジットカード キャッシングシステムを紹介

クレジットカードのキャッシングとショッピングの意味について


クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能が付帯されております。

キャッシングも、ショッピングも、どちらの場合も利用後にはクレジットカード会社から請求された金額を払わなければなりません。

同一のクレジットカードを使いながらも、決済用とキャッシング用とでは意味が異なりますので、どちらがどう違うのかを認識しておくことが大切です。

クレジットカードのキャッシングサービスとは、クレジットカードの信用を担保に、お金を借り入れるということです。

キャッシング機能のついたクレジットカードは、キャッシングの貸し付け上限金額が決めてあります。

キャッシングサービスとは、限度額の範囲を越えない範囲でなら、何回でもお金の借り入れができます。




給料前などお金が足りない時など、いつでも借りる事ができるキャッシングは大変便利なサービスです。

限度額いっぱいの借り入れをした後でも、ちょっとでも返済が澄めば限度額までの余裕ができるため、再度の借り入れが可能です。

一般的なクレジットカードの使い方である、手持ちのお金がない時でもクレジットカードで買い物ができる方法がショッピングです。

カード決済をしたお金が実際に引き落とされるのは翌月以降となり、分割払いや、ポイントサービスもついています。

財布の中に1枚クレジットカードを所持していれば、買い物や、借り入れなど、様々な局面で活用することができます。

ショッピングと、キャッシングの、それぞれの意味を知っておくことで、クレジットカードが一層使いこなせるようになります。

銀行でのキャッシングの意味について




消費者金融会社や、銀行から借り入れができるキャッシングは、たくさんの人が活用しているといいます。

手持ちの資金が底をついた時に、大きなお金がいるという事態になることがあります。

場合によっては、親しい間柄にある人に頼み込んでお金を借りるという方法もありますが、毎回できる方法でもありません。

誰にも迷惑をかけない方法として考えられるのは、銀行などからキャッシングする方法があります。

保証人や、担保を立てずに、個人の信用を前提にして少額の融資が受けられるものがキャッシングです。

一度キャッシングカードをつくってもらえば、後はATMやCDを操作して、お金を借りたい、返したりできます。

カードローン、フリーローンなど様々なキャッシングがあり、中にはクレジットカードにもキャッシング機能がつくものがあります。




金融会社といっても、銀行と、消費者金融会社、信販会社などでは、同じキャッシングサービスでも内容が大きく違うことがあります。

消費者金融会社が顧客に融資可能な金額の条件は、年収の3分の1です。オーバーすると、審査をクリアできません。

収入がない専業主婦は、利用できない場合も多くなっています。

総量規制が適用されない状況の一つとして、融資を行う側が銀行等の場合は、総量規制の対象外になります。

お金を持ち歩いてはしないけれど、外食をしたい、買い物楽しみたいという人は、キャッシングが役に立ちます。

キャッシングとカードローンの意味の違い





個人を対象に、無担保で小口の融資を行うサービスをキャッシングといいます。

英語で現金を意味するCashが原形です。

お金を借りる時や、返す時に、金融会社が発行したカードを使うカードローンもあります。

カードローンでは、ATMや、CDなど、銀行やコンビニに置かれている自動支払機を使って、現金をやり取りできます。

融資の申し込みをする時は、ATMからの手続きを行うことになりますので、まるで口座からお金を出しているようです。

最近は、キャッシング会社も、キャッシング用のカードを発行しますので、カードローンはキャッシング全般を指すようになっています。

キャッシングカードが登場する前は、融資金の受け渡しはATMは使われず、顧客が店までやってくるという形になっていました。

コンビニにATMが置かれたり、提携銀行の数が増えたことによって、キャッシングカードを使ってお金のやり取りをするスタイルになりました。




少し前は、キャッシングという言葉の意味は、消費者金融会社が限度額の範囲内でお金を貸し付けるというサービスでした。

同様に、カードローンとは銀行などが行っている小口融資のことで、カードをATMに対して使うものという認識になっていました。

カードローンと、キャッシングには、明らかな違いがありましたが、現在では違いが完全に埋まってきています。

消費者金融業界の再編も進む中、銀行と業務提携をするノンバンクも増えてきていますし、融資のあり方も異なるものになってきているようです。

もともとはキャッシングにも、カードローンにも、それぞれ意味がありましたが、今では両者の境が曖昧になって、判別がつかなくなっています。

主婦でも利用可能なキャッシングの審査とは?




主婦が家庭で果たす役割の一つに、お金の管理があるでしょう。

財布の中がこころもとない日でも、次の給料日まで何とかして保たせなければいけないでしょう。

主婦でも借入が出来るキャッシングとは、一体どのような流れで借入が出来るのでしょうか?

自分自身の収入がない専業主婦の場合、配偶者がキャッシング利用に同意してくれれば、お金を借りることが可能です。

配偶者の了解があれば融資が可能な金融会社か、総量規制の範囲外にある銀行であれば、主婦でも融資を受けることができます。

このようなカードローン商品はいくつかありますが、中には配偶者に安定した収入があることが申込みの条件となっているケースもあります。



大体、専業主婦なら30万円程度の借り入れが可能ですが、具体的な貸し付け上限金額は、金融会社によって違います。

どのキャッシング会社でも、新規の顧客申し込みがあると、まずは審査が行われます。審査結果に応じて、貸し付け上限額や、金利を決定します。

キャッシングの申込み時に行われる審査は、各金融会社により規定があり、それそれ審査する項目も異なっています。

同じ条件で融資の申し込みを下時に、審査OKになるところもありますし、融資を行わないと決定するところもあります。

一つ目がだめだったからといって、他の金融会社もだめとは限りませんので、順々に申し込んでみるといいでしょう。

最近では即日審査を行い、すぐに利用が出来るキャッシングも多数あり、主婦の間でも人気となっているようです。

主婦がキャッシングを利用する場合の注意点




今すぐにでもお金が必要だけど、主婦なので審査に通りにくいという人にとって、主婦OKのキャッシングは大歓迎です。

かつては、キャッシングを利用するには、正社員などのコンスタントな月収が条件になっていました。

近年では、キャッシングサービス自体が様々な展開を遂げており、収入がない専業主婦でも、融資可能になっているようです。

ですが、専業主婦でもキャッシング融資を受けたいという場合は、あらかじめ心がけておきたいことがあります。




日本の法律ではキャッシングに関する総量規制という決まりがあり、借入が認められている金額は、合計が年収の3分の1以下と定められています。

主婦でも、パートやアルバイトとして働いている人いるでしょうが、当人が無収入である場合は、審査の段階で断られてしまう可能性が高いとので、気をつける必要があります。

配偶者貸付制度を利用することで、自身の収入がない専業主婦でも、キャッシングの申し込みをすることができます。

自分の収入がなくても、配偶者の収入があれば、その3分の1まで融資を受けられるというもので、条件として配偶者の同意を得なければなりません。

総量規制は銀行融資には適用されませんので、キャッシングを利用したい主婦は、銀行に相談するという方法もあります。

ただし、銀行も全く収入がない主婦に融資を行うということはなく、配偶者の収入を確認するところが多いようです。

申し込み書類に正しい情報を書くことや、他社からの借り入れはない状態にしておくことなどが、審査に通りやすくなるコツです。

キャッシングの審査は、確実に返済ができる顧客を金融会社が見極めるための重要なステップですので、きちんと書類を作成してください。


コメント

ブログランキング

↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

おすすめ情報